産業保健活動ってナニ?企業看護師・産業保健師になるために抑えておこう!

 

産業保健活動とは

保健師は看護師資格も持っているため、時として保健師業務以外にも看護師業務を強いられることがあります。これは人手が少ない医療業界では仕方のないことです。

 

産業看護師や産業保健師は企業で働いている人のことを言いますが、彼らが関わる産業保健活動というものがあります。詳しくは産業保健活動5管理といされています。企業で働く保健師・看護師の仕事は大きく分けて5つに分けることができます。このことから産業保健活動5管理とされているのです。この5管理とはどのようなものでしょう。

 

5つには作業環境管理・作業管理・健康管理・総括管理・労働衛生教育があります。作業環境管理とは産業保健師は企業で働く健康管理を行いますが、健康管理だけでなく労働環境によって健康を損ねてしまう場合、健康状態を悪化させてしまう作業環境をチェックして必要であれば作業内容を改善させることを言います。基本的な労働条件はもちろんのこと作業環境の温度や湿度、衛生管理など幅広い範囲に及んで管理することが求められるのです。

 

作業管理とは仕事をする上で、作業する時間や休憩が取られる時間が適切かどうかを判断するものです。仕事の量に対して休憩時間が適切であるか休憩出来るスペースが適切であるかどうかを確認していく内容です。

 

健康管理は産業看護師や産業保健師が最も行わなければいけない業務の一つです。企業で働く従業員の健康管理や体調管理をしっかりと把握し適切なアドバイスをします。仕事が一番行いやすい環境作りを維持する努力をしていく作業の一つです。

 

総括管理とは企業全体が作業員や従業員が働きやすい環境になっているかどうかをチェックする内容です。各部署の連携や橋渡しを行う役を担ったり、衛生委員会に加わり、もっと重役の元で業務をすることなどの内容が込められています。

 

労働衛生教育は社員や従業員に対して健康指導や教育を行うことを目的としています。特に重要視されているのが精神的なケアです。労働衛生教育はカウンセリングなどを行うことで身体の他に精神的な部分も健康的な生活が送れるようにアドバイスを行うのです。保健師や看護師は上記の産業保健活動にも重要な役割を担っているのです。

 

産業保健師の仕事に興味が湧いてきましたか?

産業保健師についてさらに詳しい情報を知りたい方は産業保健師の募集特集!企業の求人探し3つのポイントをチェックしておきましょう。仕事内容や年収などが丁寧に解説されているサイトです。